本と映画とあとひとつ

アマゾンプライム利用日記

アンテナ倒壊 〜アンテナのない風景

屋根の上にはアンテナがあるものだとずっと思っていた

だがしかし、
最近傾いていたりするアンテナが目立つようになってきた
電車からは完全に倒れてしまったものも数本見かける…
f:id:yasochi152:20210304204754j:plain

アナログ電波が止まったのが2011年だから、このVHSとUHSの2段重ねのタイプはすくなくとも10年、たぶん2-30年は頑張って風雨風雪に耐えているんだろう

おそらくアンテナを支えているワイヤー部分が弱り、積もった雪の重りなんかで切れてしまうんだ

雪が積もって溶け出した時に倒れると、屋根にはまだ雪が残っているから登れない、修理できない
つまり雪が溶けるまでテレビはおあずけってことになる

今年も高速道路で立ち往生なんてニュースがあったくらい降ったので、雪国では今困っているご家庭もあるんじゃないかと思う次第

実は我が家も築20年くらいの大晦日に雪で倒れた
まだ少し雪は残っていたので溶けてからで良いと言ったのに、見に来たアンテナ修理の人が今直すと果敢に登って直してくれた
実際に滑って少しずり落ちた時は肝が冷えたよ

その2年後くらいの雪の時期にまた倒れた
その時にふと恒久的な対策を思いついて即実行

屋根裏に地デジのアンテナ置いたらどうなの?

雪対策としては完璧なのは素人でもわかる…
でも、屋根で電波が遮蔽されないの?されそうだけれど…
電波塔のある山から30キロくらい離れていてブースターをつけてテレビを見ているという、ごく普通の電波そんなに強くないところの我が家はどうなんだろう?
悩んでも答えがでるはずもなくだめもとで試してみた
だめなら後で業者さんに軒下にでもつけてと頼めばよいしamazonポチれば明日には届くし

こんなの
高さ40センチくらいで軽く持てたので二階にある点検口開けて頭と腕だけ入れ、梁の上にポンと置いてみた
幸いブースターもそこにあったので短いケーブルを接続しただけ積雪関係なし脚立だけで自力アンテナ設置工事完了(屋根の上のアンテナはしばらく放置、ペンキ塗り替えの時に撤去してもらった)

結果オーライ
メインの2007年製のテレビはたまにブロックノイズ入るけれどチャンネルによるし、録画用のレコーダーの方は全く問題ない

なお我が家の屋根材は化粧スレートで、その後アスファルトシングルでカバーリングしたが、受信はできている
今年もどっかりと1mほど屋根に雪が積もったけれど地デジの電波に影響は無いようでテレビは季節や天気を問わず普通に映っている

ただし、アンテナの位置や向きをちょっと変えるだけですぐに映らなくなるので私の場合テレビの機能にあった電波強度を表示する画面をiPadで写し、FaceTimeiPhoneに接続するという手段で調整した(最初は家族の声かけでやったけど微調整にはfacetimeの方がずっと良い)

道路からの振動か地震の揺れでアンテナがずれて写りが悪くなることが数度あったが、都度直しており次こそ転倒防止のジェルマットをつけようと思うのだけれどいまだ置いてあるだけ

屋根裏にアンテナを設置して得られた小さな喜び

我が家の外観がすっきりした💚

ずっと前に訪れた佐渡の観光地で撮った写真、今になって気がついたけれど、アンテナ立ってない
住宅地の景観のためにも屋根の上にアンテナは要らないね

f:id:yasochi152:20210207162621j:plain

本 Amazon.co.jp 一般