本と映画とあとひとつ

アマゾンプライム利用日記

プロメテウス

エイリアン:コヴェナント 9月15日から劇場公開されましたが、
そこに至る前のお話。

プロメテウス (字幕版)

プロメテウス (字幕版)

エイリアンから三十余年、公開された時はそれなりに話題になったと思いますが、
今現在の amazon ビデオのレビューはなんと星2.5。

タイトルにエイリアンがついていないのが災いしたか、
もともと三部作とか四部作と言われていた新シリーズの最初の話としては
謎めいた部分が消化されずに残りすぎたためか。

エイリアン:コヴェナントの前に観とくと良いかと思って今頃見てみました。
9/19まではレンタル100円、購入500円だそうで。

2.5の評価は低すぎる。
エイリアン:コヴェナントを観る人が多ければ
プロメテウスの方の評価も上がるんじゃないかと思いました。

1979年にエイリアンをみてびっくらこいたというか記憶に残っているシーンとして
巨人が大砲の台座に座ってこと切れている絵をあげる人も多いんじゃないかと思いますが、
その辺の事情がわかったかと思いきやちょっと違うような気がしてもんもんとするプロメテウスです。
見返すかもしれないから500円で購入しといたほうが良かったかも。

10月には「ブレードランナー2049」も控えている今年はリドリースコットの年か。
もうすぐ80歳だそうで、恐れ入ります。

四月は君の嘘

星一徹のごとき鬼母からピアノの特訓を受けてきた天才ピアニスト有馬公生 中3が同級生やピアノライバル達と織りなす青春劇
独特の心理描写であたかも音が聞こえるよう

全11巻一気読みで涙してください


同じくに読むだけなのに音が聞こえてくるこちらもオススメ
直木賞受賞作です
books152.hatenadiary.jp

本 Amazon.co.jp 一般